> トップページ > DRPとは > 放送番組審議会 > 第7回東京放送番組審議会

社団法人デジタルラジオ推進協会
第7回東京放送番組審議会 議事概要


1. 開催年月日 平成17年3月10日(木)
午前10時30分~午後1時00分

2. 開催場所 デジタルラジオ推進協会東京事務所会議室

3. 出席委員
加藤真代
杉山知之
中川正雄
坪井節子
弘兼憲史
福岡俊弘
副委員長
委員
委員
委員
委員
委員
(元主婦連合会副会長)
(デジタルハリウッド(株)代表取締役会長)
(慶応大学教授)
(弁護士)
(漫画家)
((株)アスキー取締役COO)
欠席委員 田尻嗣夫 委員長  (東京国際大学教授)
協会側出席者
東海林通
近衛正通
八尾静雄
大沢恒夫
中村彰良
高柳良一
佐々木章
小高正行
松村安紀
今田亜津子

専務理事兼東京事務所長
東京運営委員会委員長
東京運営委員会副委員長
東京編成委員会委員長
東京編成委員会委員
東京編成委員会委員
東京技術委員会委員長
東京事務所放送部長
東京事務所普及広報担当部長


4. 議題 1)協会の活動報告と今後の予定
2)91chおよび98ch番組の視聴
3)その他

5. 審議内容  第1の議題である「協会の活動報告と今後の予定」については、平成16年9月以降の主な協会の活動とこれからの予定を、近衛東京運営委員長が報告した。
 主な報告事項としては、平成16年10月開催の「CEATEC2004」へのデジタルラジオブースの出展、周波数検討プロジェクトの発足、92/93ch合同のKDDIとの放送/通信連携実証実験開始、地上デジタルTV1セグ放送との共用受信機開発を容易にするための技術運用規定の改訂についてなど。また、これからの予定としては、PCカード型受信機の市販予定が6月以降となっている状況等を説明した。
 この議題について、委員の質問・意見は次のとおり。


DRPとしては機会をとらえてデシタルラジオのPRをしていることは理解できるが、まだ一般には知られていない。やはり受信機の発売が求められる。
今、アナログからデジタルへの移行が当然という風潮になっているが、TVでさえ、HDのクオリティーの良さが理解できない人がいる。デジタルラジオでは音のよさということになるだろうが、音のよさというのはさらに分かりにくい。デジタルラジオのメリットをどのように分かってもらうかだ。ところで受信機はいつ出るのか?
ーーーまだ受信機の発売時期は不透明だ。受信機発売のためにどうしたらいいのかということが後述の「デジタル時代のラジオ放送の将来像に関する懇談会」発足の背景にある。


 第2の議題である「91chおよび98ch番組の視聴」では、冒頭、大沢編成委員長から、東京地区6チャンネルの番組編成の現状と、ホームページ上で公開している番組表のリニューアルについて報告が行われた。続いて、まず98chの1時間番組「ステイチューン」について、番組の企画意図や番組内容が高柳編成委員から説明され、その短縮版を委員に視聴してもらった。
「ステイチューン」は、2月から放送が始まった、簡易動画、静止画などの音声連動データ放送やダウンロードサービス、またショッピング、アンケ-トなど通信と連携した双方向性サービスも盛り込んだ、3セグメントの広帯域をフルに活用した番組。
この番組に関する委員の主な質問や意見内容は次の通り。


この簡易動画などの画面はTVで見られるのか?
―――パソコンモニターとしてTVが使えれば可能だ。簡易動画なので画質は荒くなるが。
通信料金はかかるのか?
―――放送を受けている時あるいはダウンロードは無料。アンケートに答えたりするために通信を使う時は通信料金がかかる。
携帯電話の通信料が定額ならそれほど気にする必要はないだろうが、それでも放送と通信の違いをユーザーに知ってもらう必要はあるだろう。逆に、無料の放送との連携で通信が使いやすくなる、といったメリットをアピールするべきではないか。
―――TV、ラジオともに、携帯電話における放送と通信の表示で誤解がおきないよう検討を行った。
画像ダウンロードは、権利処理を行う必要があると思うが。
―――この番組は、実験的な番組という説明をして許諾をとっている。今後本格的な放送となれば、なおさら必要となってくる。
簡易動画などはウィンドウズ上で見ることを想定している?マックでも再生できることを期待したい。
―――今開発されているPCカード型受信機はDOS-Vで動くと聞いている。メーカーに働きかけたい。
iPodなどの端末が出てきている。デジタルラジオからも音楽をダウンロードして使うことか可能か。ユーザーはそれを期待している筈。
―――音楽の権利処理がクリアーになればできると思う。iPod とデジタルラジオでは、MP3とAACという音声符号化の方式が違うが。
自宅では、iTunesをワイヤレスでとばして聴いている。音の悪いパソコンで聴くのはもったいない。いいスピーカーで聴きたい。デジタルラジオも家庭内で無線LANで聴くことが可能ではないか。
―――受信機にルータを組み込むというような商品企画が可能だろう。
インターネットでデジタル放送を送れるのではないか。
―――1対1の通信では回線に無理がかかるが、その点、無線の放送は無限大に送れるメリットがある。
デジタル放送をメモリーに貯めておいて後でピックアップするという聴き方ができると万々歳だろう。
商品イメージが大事だ。例えば、パソコンユーザーも歳をとる。高い音を聴きにくい人にとって、デジタル音声では補正ができる。補聴の特性があることをアピールできる。使う人にとっての便利や楽しさを説明していくべき。

 続いて91chの番組「きっず・いんぐりっしゅ」と「ハートトーク133」の二つの番組について、番組の企画意図や内容が中村編成委員から説明され、その短縮版を委員に視聴してもらった。
「きっず・いんぐりっしゅ」は、3月に試験的に放送を開始し、4月からレギュラー編成が予定されている。前回の番審で子供向けのデジタルラジオ番組が考えられないか、との田尻委員長の意見を参考に企画された5分番組。データ放送画面に4つの絵が出て、それをクリックすると、4通りの音声で英語が流れてくる。「ハートトーク133」は、健常者と聴覚障害者が、パソコンの音声合成ソフトを使って会話するという実験的な番組。今後、パソコンで打った文字もデータ放送として流したり、簡易動画で手話を流すなど、障害者がいろいろに参加できるなどの企画も検討していく。
この番組に関する委員の主な質問や意見内容は次の通り。


この番組は「スローライフ」のサポーターになる。障害を持っている方々の中から、ハンデがあってもすばらしい才能をもった人を発掘する可能性もある。
―――ターゲットをしぼった、いわばニッチな番組。NHKしかできない企画かもしれない。専門チャンネルのひとつか。しかし、聴覚障害者は600万人いる。デジタルラジオは、高音質のほかに、ターゲットをしぼった多チャンネルという路線もあるのではないかと議論している最中である。
NHKのラジオ深夜便は、当初聴く人がいるか危ぶまれたが、いまや受験生も聴いている。おっかけもいるとか。NHKのかつてのアナウンサーが出て人気を博している。
ラジオはながらメディアだと思っていたが、一方で「ケータイ」の普及がある。個人的には、「ケータイ」は持ちやすいし、スピーカーにつないで聴くこともできるので、携帯電話受信機の発売を期待したい。
昔はAM放送で英語を聴いていた。高音が聞きにくく音量をあげたものだったが、デジタルラジオではその必要がないだろう。
新聞の投書欄で、福島の人がニッポン放送の番組を聴きたがっていた。デジタルラジオではそういうことが可能になるだろうか。
―――ラジオは本来ローカル放送という考え方とCMを流す範囲の問題があるが、ローカル制作した内容を他の地域の人が聴きたいというニーズもあるだろう。ニッポン放送のスポーツ中継をネットで全世界に流した時、プロ野球などは海外の日本人から250通の反響があった。
「ケータイ」で聴くというと、電車内が考えられるが、けっこうブツブツ切れたり、地下鉄では聴くことができないのではないか。また、ペースメーカーへの危惧がある。
―――「FMケータイ」は300万台売れている。若者は移動中に聴いている。地下街、地下鉄対策も今議論をしているところ。ペースメーカーについては、携帯電話は発信の際の電波が障害を起こすのであり、放送を受信するだけなら心配はいらないと理解している。


 その他の議題として、東海林専務理事より「デジタル時代のラジオ放送の将来像に関する懇談会」についてのこの日までの経過報告を行った。
この議題に関する委員の主な質問や意見内容は次の通り。


技術、お金、電波という観点から検討が行われていると思うが、ユーザーにヒアリングしてみるのもいいのではないか。
ローカルであり、かつグローバルというのがTVやラジオのすごいところ。デジタル放送は、うまくいけばすごく伸びる。田舎の生活情報雑誌が売れているが、ITの普及で、都市と田舎間での格差がなくなりつつある。田舎を代表するのが放送ではないか。インターネットとラジオの結びつきは当然となってこよう。
早く本放送をという流れだと思うが、やはりメーカーが受信機を作ってくれないと始まらない。
マイノリティー、情報弱者に向けてのサービスに期待したい。
大使館からお金をもらって各国語放送をしたらどうか。メジャーな言語ではなく。
ラジオは今や60歳代が聴いている。使い勝手を考えてほしい。
個人的には、AM放送の受信状態を改善してほしい。また、大阪の番組を聴きたい。「サイキック青年団」などの面白い番組をかつては有線で聴けたが、今は聴くことができない。クリアーな音質と多チャンネルを希望したい。
番審委員になって3年半、IT業界と比べて何か歩みが遅いような気がしていたが、放送というのは地固めをしっかりやるところで、それも大事だということも理解した。

 
〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館 
サイトマップ | お問い合わせ情報セキュリティポリシー個人情報保護方針