> トップページ > DRPとは > 放送番組審議会 > 第6回東京放送番組審議会

社団法人デジタルラジオ推進協会
第6回東京放送番組審議会 議事概要


1. 開催年月日 平成16年9月30日(木)
午前10時30分~午後1時00分

2. 開催場所 デジタルラジオ推進協会東京事務所会議室

3. 出席委員
田尻嗣夫
加藤真代
杉山知之
中川正雄
福岡俊弘
委員長
副委員長
委員
委員
委員
(東京国際大学教授)
(元主婦連合会副会長)
(デジタルハリウッド(株)代表取締役会長)
(慶応大学教授)
((株)アスキー取締役COO)
欠席委員 坪井節子 委員  (弁護士)
弘兼憲史 委員  (漫画家)
協会側出席者
亀渕昭信
東海林通
近衛正通
中村彰良
塩山雅昭
吉田治憲
天野輝和
橋本敦
岩村創
小高正行
水野晴彦
松村安紀
今田亜津子 

理事長
専務理事兼東京事務所長
東京運営委員会委員長
東京編成委員会委員
東京編成委員会委員(代理)
東京編成委員会委員
東京編成委員会委員
東京編成委員会委員
東京編成委員会委員
東京事務所放送部長
東京事務所技術部長
東京事務所普及広報担当部長
番組審議会事務局員

4. 議題 1)協会の活動報告
2)1&3セグメント試作受信機による番組視聴

5. 審議内容  第1の議題である「協会の活動報告」については、平成16年3月以降の主な協会の活動および総務省や関連業界の動きとこれからの予定を、近衛東京地区運営委員長が報告した。
  主な報告事項としては、地上デジタルTV1セグ放送の放送運用規定との刷り合わせ等の理由によりデジタルラジオの市販受信機発売が遅れている現況、総務省が9月に発足させた「デジタル時代のラジオ放送の将来像に関する懇談会」の概略、またこれからの予定としては、PCカード型受信機の市販予定が来春となったこと等が説明された。
 この議題について、委員の質問・意見は次のとおり。


イギリスでは家庭用のラジオがデジタル化されたとの報告が以前の審議会で報告されたが、日本ではやはり携帯電話一体型のラジオが期待されているのか? というのも、今は高齢者が時間的な余裕を持つ時代だが、高齢者は携帯電話のいろいろな機能を使いきれておらず、やはり単体のラジオの発売が望まれる。また、そうした高齢者向けの番組も期待している。
  ―――普及の観点からは携帯電話型の受信機を期待しているが、そのほか、メーカーには単体のラジオ開発ももちろんすすめてほしいと考えている。また、様々な受信機やそのユーザーの幅に対応したバラエティのある番組が出てくる筈。
ラジオのコストとTVのコストについて教えてほしい。というのも、プロ野球とJリーグの運営費の違いがあって、Jリーグはプロ野球をまねないで低いコストでうまくやっている、あのやり方がラジオに参考になるのではと思うから。
  ―――大まかに言って、現行のTVとラジオでは数10分の一の違いがあるのではないか。今の放送界はTVの基準がまかり通っている点がある。地方に行くと、TVに比べてラジオ局の数が少なく選択の幅がない所もある。TVとラジオの民放の売り上げを見ても、ラジオははTVに比べてかなり低くなっている。
これからは放送を受身で視聴するのではなく、自ら発信していく人も出てくる。コミュニティー放送局の例では、放送とインターネットの発信を両方行っている局もある。地域性とグローバル性のブリッジが大事ではないか。
  ―――CDでは1万枚売れればいい、という商品もでてきている。放送の世界でも1万人に向けた放送があってもいいかも知れない。

 第2の議題である「PCカード型試作受信機による番組視聴」では、91~98チャンネルの編成担当者から、実際の放送を委員に視聴してもらいながら、チャンネル編成方針や放送番組の内容について説明した。
 91ch代表委員からは、多言語天気予報やジャンルを選べるニュースなどの複数音声サービスや平日午前11時台の番組「パルナスの丘」で放送した、カラオケや多言語昔話など様々な実験的な番組企画について主に説明を行った。
 92ch代表委員からは、チャンネル参加社による分担制作のもと、主音声では高音質の音楽番組を放送し、副音声で株式市況情報を放送していることについて説明を行った。
 93ch代表委員からは、チャンネル参加社が特定の話題やテーマで番組を編成制作、BSデジタル放送の番組のサイマル放送でもある、子どもと母親向け番組「絵本の国へ」のようにターゲットをしぼりこんだ番組なども放送を行っていることについて説明した。
 94ch代表委員からは、「f分の一」ゆらぎ効果を狙った音楽番組を、チャンネル参加各社が同一のコンセプトの下にそれぞれ個別に制作していることについて説明した。
 95ch代表委員からは、テーマ・時代・イベントにそれぞれフォーカスをあてた3種類の音楽番組を放送していることについて説明した。
 最後に、98ch代表委員からは、3セグメントの帯域を使ったチャンネルとして、高音質多チャンネル放送、簡易動画、5.1サラウンド放送が3本柱の編成方針であること、5.1サラウンド放送に関しては8月からレギュラー番組として放送を開始したことについて説明を行った。
 この議題に関する委員の主な質問や意見内容は次の通り。


5.1サラウンド放送の容量はどうなっているか? また、スピーカーへの接続方法は?
  ―――ステレオ放送で128kbpsを使っているので、その3倍の容量で放送している。受信機に5.1専用のアダプターをつけ、アンプを通してスピーカーに配線している。
デジタルラジオに限らず5.1はその配線が大変。スピーカーごとにチューナーを付けてもらえると配線がいらないで便利だ思うのだが。
各チャンネルの番組表を見ると、イージーリスニングなどが多いという印象だが、クラシックや世界の民謡、雅楽など邦楽の放送を期待したい。今、世の中古典にもどろうという動きもある。放送とCD等のメディアミックスの効果も出てくる筈。
  ―――国立劇場の文楽なども満員と聞いている。実際の視聴者が増えてくれば、いろいろな番組が生まれてくるだろう。
放送のアーカイブ、2次利用についてはどうなっているか。また、蓄積型のサービスについてはどうか。今、ユーザーの間では、ファイル交換ソフトを使ってアナログの人気番組の交換がされている。
  ―――確かに昔のラジオ番組を聴きたいというニーズはある。ただ、現行のアナログ放送の世界では過去の番組がなかなか残っていないのも実情。デジタルの放送サービスの一つの方向は蓄積型サービスであるので、ニーズにどう応えていけるか今後研究したい。

新聞のラジオ/TV欄を見て思うことだが、生活感のない若者向けか、仕事におわれて生活者の実情を知らないオジさんたちが編成しているという印象がある。例えば、幼児をかかえた母親たちはTVを見る暇がなく、ラジオを聴いている。また母親たちはいかにTVを子どもに見せないようにするか気を遣っている。最近、こどものおもちゃを探す機会があったが、音のするものに幼児は反応するのに、おもちゃメーカーは音に無関心。音の出る玩具があっても音がひどい。雑音にすぎない。おもちゃとしてのラジオを考えられないか。デジタルラジオで子どもが全神経を使って反応するような子供向けの番組を作ってくれたら面白いと思うが。
  ―――実は、現行のアナログラジオで幼児のための番組を企画したこともある。母親が聴くのでスポンサーがつく。ガラガラの代わりになるラジオがあってもいいと思う。デジタルラジオは壮大な実験の場である。AM/FMラジオは継続する。デジタルラジオは新しいことをやっていく必要があるだろう。

教育と放送の接点は大きい。音や味覚や環境に頓着しない日本人が増えている印象がある。放送の使命は小さくない。

もう一つ、今の番組欄でなんとかならないか、と思うことがある。一方で素材だけを並べ、解説があるといきなりプロの解説となっている。NHKの番組で歌舞伎の平成中村座公演の番組自体はよかったのに、解説がよくない。平成中村座の公演という打ち出し方そのものがいけないともいえる。もっと一般向けに、歌舞伎を視聴したくなるような番組紹介をしてほしい。
  ―――TVの情報誌は多いが、見るものの立場で加工が必要と思う。

先日夜中の、若い男性向けのラジオの身の上相談の番組中で、あからさまな性に関するトーク番組を聴いた。いまだに女性を性の道具と考えているような発想のトーク内容で投書しようかと思った。流行り言葉で消えていく言葉と残っていく言葉の違いにも通じるが、要は相手への思いやりがあるかどうか、ということ。
  ―――今、放送局は青少年問題には緊張感を持って対応しているので、是非投書してほしい。

言葉の選び方については、大学の学生たちに2分間スピーチをやらせているが、今のラジオを聴いている範囲では、学生たちに模範となるような話し方がない。その点、NHK夜7時ニュースの中の天気情報担当の女性はいい。まず本題をすぱっと語り、無駄がない。手話ニュースの番組の語りも簡潔だと思う。デジタルラジオでは手話ニュースができるのではないか。
  ―――デリケートで難しいのだが、トライしてみたい。

 
〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館 
サイトマップ | お問い合わせ情報セキュリティポリシー個人情報保護方針