> トップページ > DRPとは > 放送番組審議会 > 第4回東京放送番組審議会

社団法人デジタルラジオ推進協会
第4回東京放送番組審議会 議事概要


1. 開催年月日 平成15年12月16日(火)
午前11時00分~午後1時00分

2. 開催場所 デジタルラジオ推進協会東京事務所会議室

3. 出席委員 加藤真代 副委員長(主婦連合会副会長)
杉山知之 委員 (デジタルハリウッド(株)代表取締役会長)
坪井節子 委員 (弁護士)
弘兼憲史 委員 (漫画家)
福岡俊弘 委員 ((株)アスキー取締役兼週刊アスキー編集主幹)

欠席委員 田尻嗣夫 委員長(東京国際大学教授)
中川正雄 委員 (慶応大学教授)

協会側出席者 亀渕昭信  理事長
近衛正通  東京運営委員会委員長
東海林通  専務理事兼東京事務所長
日比谷義男 東京編成委員会委員長
小針俊郎  東京編成委員会副委員長
中村彰良  東京編成委員会委員
小高正行  東京事務所放送部長
今田亜津子 番組審議会事務局員

4. 議題 1)正副委員長の選任
2)協会の活動報告
3)データ放送および3セグメント放送の説明
4)1セグメント試作受信機による番組視聴

5. 審議内容  冒頭、番審委員の任期が2期目に入ったことを受けて、第1議題である正副委員長の選任が行われ、委員による互選の結果、前期と同様、田尻委員長、加藤副委員長が選出された。

 第2の議題である「協会の活動報告」については、放送開始時の10月にCEATEC、民放大会、A&Vフェスタで実際の放送を聴いてもらう展示視聴会を開催したこと、11月には受信機発売を促すため対メーカー説明会を開催したこと、また放送エリア拡大をめざし増力特別部会を協会内に発足したことなどの報告・説明を近衛東京地区運営委員長が行った。また、事務局からは、A&Vフェスタの会場でデジタルラジオについてのアンケート調査を実施したことが報告され、デジタルラジオへの認知度が50%だったことや、音質の良さが評価されたこと等の結果が説明された。

 第3の議題である「データ放送および3セグメント放送の説明」については、91chのデータ放送に関して編成委員会の中村委員(NHK)が、98chの3セグメント放送に関しては編成委員会の小針副委員長(エフエム東京)が、それぞれデモ端末やプロジェクターを使って、合成音声を含む副音声放送、文字・静止画・簡易動画のデータ放送の例を委員に披露しつつ説明を行った。
 以下、この議題に関する委員の主な質問・意見内容と協会側の回答は次の通りである。


(サービスの選択)操作が難しそうだが、視聴者はこの色々なデータ放送を今のような説明なしで楽しめるか?
  ―――順番に選択していけばいいので、難しくはないと思うが、受信機の操作方法は商品企画にもよる。
パソコン画面で表示する受信機の双方向機能の説明があったが、プロバイダーが必要なのか? また、携帯電話とペースメーカー問題のようなものはデジタルラジオで起こらないか?
  ―――協会の会員にはプロバイダーもいる。今は、通信業界が放送に乗り出している。放送とプロバイダーの垣根は低くなっている。また、ペースメーカーへの懸念については、放送を受けるだけなら影響はないと思われる。発信の際、通信を使用するところでは、起こりうるかもしれない。
データ放送の中で、漫画を、それも擬音などの音入りで放送できると面白いと思うが。また、人生相談などで回答者の顔を写せるか?
  ―――それぞれ、できる。
ダウンロードサービスなどについては、いくら位になりそうか?
  ―――今は、無料放送という位置づけで、全体の番組を聴くのは無料だが、今後、ダウンロードサービスなどはそこだけ有料ということもあるだろう。まだ具体的な額など出ていない。

 最後の議題である「1セグメント試作受信機による番組視聴」については、各委員が自宅や職場で協会貸与の1セグメント受信機を事前に聴いた感想・意見が、次のように述べられた。

信濃町のオフィスで聴いたが、予想以上によい音だった。20年近く前にCDを始めて聴いた時の感動を思い出した。奥行きを感じた。なお、自宅(目黒区)では(受信は)きびしかった。
御茶ノ水のオフィス内で、ヘッドフォン出力からステレオセットのスピーカーにつないで聴いた。あるチャンネルがところどころ聞こえなかったりしたが、ほぼ聴くことができた。今のFM放送と比べてどの位、音質がいいのか、知りたい。そのあたりのことはデータとして持っていたほうがいい。今後、オーディオ評論家に聴いてもらう時に必要になる。音質がいいことがデータ的に説明できれば、これは魅力となる。
  ―――今、協会ではCD並みの音質とか「スーパークリスタルサウンド」などと言う言い方もしているが、検証が必要だと思う。
各チャンネルで音質が違う印象を受けたが。
  ―――確かに、各チャンネルの音の出し方が違う。144kbpsとか128kbpsで送っているチャンネルが多いと思うが。また音楽そのものの素材の質も関係しているだろう。
アメリカのAM放送は音がいい。コンプレッサーに工夫をしていると聞いている。
  ―――デジタルラジオの場合、やはり圧縮する分、元の音とは違うと思う。良く聴いてもらえる工夫は必要だと思う。
自宅(成増)のマンション2階ではどのチャンネルもほとんど聞こえなかった。また、仕事で寄る四谷の文化放送の建物内でも入りが悪かった。この協会に来る途中、タクシーの中で青山や六本木ぐらいからはよく聞こえた。98chでデジタルラジオの説明をしている番組があり、面白かった。今はこういう番組を流すべきだ。
今のアナログ放送では、50歳以上をターゲットにしているAM局をよく聴いている。こうした世代に向けて是非番組を作ってほしい。
平屋の事務所(本郷)では聞こえなかったが、すぐ近くの自宅マンション11階では、よく聞こえた。94chの番組「フューチャリング」のボサノバや91chの番組「ふるさと自慢うた自慢」を聴いた。音も良かったが、91chの番組では、トークも抑揚や奥行きが良く出ていた。クラシック、朗読(森繁など)、寄席などをデジタルラジオで聴いてみたいと思った。
四谷の事務所では聞こえず、高台にある自宅(和光市)のマンション5階のベランダに出ても断片的に聞こえる程度。そこで、外出の際に受信機を持って出て、池袋の三越屋上で受信した。93chはチャンネル紹介の画面もきれいに出ていた。94chは音はいいが、例えば98chに比べて音が小さい印象だった。鳥の声や口笛がクリアで、モダンジャズがよかった。高齢者に向けて励ますような番組を期待したい。また、ラジオの操作が簡単にできるよう希望する。送る側は若い人が多いと思うが、聴くほうは高齢者も多いと思ってほしい。



以上


 
〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館 
サイトマップ | お問い合わせ情報セキュリティポリシー個人情報保護方針