> トップページ > DRPとは > 放送番組審議会 > 第5回大阪放送番組審議会

社団法人デジタルラジオ推進協会
第5回大阪放送番組審議会 議事概要


1. 開催年月日 平成16年3月22日(月)
午前11時00分~午後1時00分

2. 開催場所 デジタルラジオ推進協会 大阪事務所会議室
(大阪市中央区城見2-1-61 ツイン21MIDタワー21階)

3. 出席委員 丸野豊子  委員長
上村十三子 委員
河内厚郎  委員
かんべむさし委員
西村光司  委員
欠席委員 野村卓也  副委員長
佐藤友美子 委員
協会側出席者 柳瀬 璋  副理事長
西川光男  大阪運営委員会委員長
田島 俊  大阪運営委員会副委員長
山本善一  大阪事務所長
岡本喆二  大阪事務所放送部長

4. 議題 1)デジタルラジオ推進協会の平成16年度事業計画について
2)DRP大阪のこれまでの活動報告と今後の予定について
3)デジタルラジオ受信機の開発状況について
4)その他

5. 審議内容  定刻、柳瀬副理事長の挨拶と、山本事務所長による委員の出席状況報告後、丸野委員長の議事進行により会議を進めた。
 第1の議題である「平成16年度事業計画」については、山本所長から3月19日開催の「平成15年度第2回総会」承認の事業計画の報告を行い、続いて「大阪DRP平成16年度事業計画」を西川大阪地区運営委員長から報告した。田島大阪地区運営委員会副委員長から、デジタルラジオの周辺環境について現状が報告された。
 この議題について、委員の質問・意見は次のとおり。

市販受信機が早く出てきてほしい。やはり常設拠点を設け常時聴取が出来ることが急務だろう。
NHK-FMでデジタルラジオ番組の再放送を聴いたが、どんな番組内容がデジタルラジオに向いているのかは難問であり、もっと研究模索しなければならないと思う。最近読んだ雑誌「文芸ポスト」にデジタルラジオの番組づくりにヒントとなる内容のものが掲載されていた。それは「ラジオを特集した」記事で、ハワイで聴いたラジオ番組の紹介である。「琴の演奏」をBGMにして、全国の駅名を路線別に読み上げてゆくという、大変単純なものではあったが、聴いているうちに徐々にイメージが膨らみ大変印象に残った番組であったというものである。現在放送されているアナログラジオ(AM/FM)では考えられない番組構成といえるが、このような切り口、発想を変えることがデジタルラジオには必要だと思う。
スポンサーサイドは、聴取対象者が明確にならないとスポンサードは難しい。早く対象を絞り込む必要がある。
AM/FMラジオと新しいメディアのデジタルラジオとの違いを明確にする愛称やキャッチ・コピーが必要と考える。
  ―――愛称については、当初から公募の話があった。愛称については受信機発売の時期に向けて進めて行きたい。
  ―――新媒体として、受信機購買に役立つ愛称を考えたい。
デジタルもAM/FMもラジオとしては一緒だ。やはりコンテンツ内容によって、新たな受信機を買うか買わないかにつながる。
デジタルラジオはAM/FMのラジオとの搭載タイプか、TVとの共通受信機になるのか?
  ―――テレビの1セグ受信と共用できるものが考えられる。 VICSの交通情報だけでなく地域情報や、ドライブ時の美味しい店案内の地図や、予約などまでの活用が考えられる。
もう少し詳しくお願いします
  ―――受信端末はいろいろなかたちで複合化していくと考えられる。TVとの共用受信機を受信機メーカーは視野に入れているようだ。デジタルラジオは東阪だけのエリア限定のため、TVの全国展開に同調するのが受信機の開発普及に効果的との考えだ。あわせ携帯電話の普及状況から携帯端末との複合化も重要なファクターと考える。
  ―――携帯通信はパケット料が高いと社会問題化しているが、デジタルラジオでは地域情報までを無料で放送し、最小限の情報のみが有料通信となる。
携帯/MDオーディオは若者層がその主流となっている。デジタルラジオは若者限定でなく、壮年層も幅広く楽しめるものにして欲しい。
大阪は第3の興行変革期といわれ、劇場の新設、公演の日数、形態が時代変化に伴い変革している。公演日や演目・出演者情報がデジタルラジオを視聴すれば、全てわかることになれば利用価値が大きく視聴者の新規拡大にもなる。
デジタルラジオの特色である映像表示を第1に、「みえるラジオ」の言い方をもっとお洒落に表現しキャッチ・コピーにしては。
数多く、幅広い年齢層に支持される受信機が、開発されることを待ちたい。早期販売を急いで魅力の薄い受信機では問題と思う。
  ―――3月の番組の中に「D-maga」というデジタルラジオ情報番組を放送しています。静止画・文字情報を駆使して情報誌を目標に企画したもので、今後もいろいろトライしたいと思う。
シャンソン同好会など趣味のジャンルでも、ライブハウスやリサイタル、教室、宝塚OGなどを通し、固定数が確保できます。これら趣味の同好者の情報網を、デジタルラジオの普及促進に利用することが出来る。
 リサイタル会場は、大人の唯一の社交場です。
一定人数を確保できる華道、茶道などもターゲットとしては。
音楽関係者によると、玄人受けする本格的なジャンルは商業ペースにならず、どうしても若者向けの集客のできるジャンルになってしまうそうだ。
ニューヨークのライブハウスは、演奏プレーヤーも観客も熟年層がとても多く元気だ。
カルチャーセンターや、趣味の教室は熟年層で定員が一杯状態です。
  ―――放送会社の問題点は、どうしても商業ベースをまず考えそのために最大公約数の編成として、若者中心の考えに偏る。しかし新しい媒体の発足に伴い受信機の新規購入願うならば、この媒体の特質は高音質、静止画・文字データです。CD並みの高音質を普及材料とする以上は、10万円程度の受信機を熟年層に向けて発売することも真剣に検討したい。
対価に見合う、番組編成を目指して本放送開始の2011年まで時間があるので現在のAM/FMラジオとの差別化を充分に研究したい。
家族が海外に居住する事になり、オールバンド対応ラジオを20数年前に当時で6万円程度したが購入し持参させた。享受できる放送の内容によっては、価格が多少高くても必要であれば受信機購入希望者はいる。
  ―――タブーへの兆戦。これこそが既成メディアとの差別化と考え研鑽していきたい。今後とも貴重なご意見をお願い致します。

 第2の議題である「DRP大阪のこれまでの活動報告と今後の予定について」配布資料を基に岡本放送部長が、12月22日開催の第4回放送番組審議会以降の活動報告と今後の活動予定を説明した。

 第3の議題である「デジタルラジオ受信機の開発状況について」では、山本事務所長が、ピクセラとKDDI・バイテックほかが開発した2種類の試作機を番組視聴のために用意したこと、この試作機が1セグメント放送と3セグメント放送をともに受信でき、主音声、副音声、文字、静止画などすべて受信できる標準受信機であることを説明
NHK/VICSの91チャンネルが放送している「4ヶ国語による多言語天気予報」「ニュースの画像表示と文字データ」VICSが放送している道路交通情報の画面表示を開発機により視聴した。
 
〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館 
サイトマップ | お問い合わせ情報セキュリティポリシー個人情報保護方針